【道標】あなたが次に学習すべきWebプログラミングスキル教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは。タクマ™ [@suwaru_blog] です。

Web 系の開発者であるあなたが、「次はどのスキルを習得すべきか」知る方法。

今回はこのテーマで解説していきます。
この記事を読む終えると適切なプログラミング学習順序がわかります!

対象となる読者

※ 趣味でゆるくプログラミングしたい!という人も是非みてください
  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • インフラ開発者

それでは解説していきます。

なぜ正しい学習順序を知る必要があるのか

次のステップがわからない問題

「プログラミングってなにを勉強するのかわからない」
「JavaScript の基礎が終わったけど次はなにをしたらいいんだろう」
「覚えることが多すぎて何から手をつけていいかわからない」

あなたがプログラミングに興味を持ったときから

「次になにを学べばいいのか?」

といった悩みがつきまとうかと思います。

しかし安心してください。
初心者から上級者まで、次に身につけるべきスキルは「ある調べ方」ですぐに分かります。

その調べ方をお伝えする前に「なぜ学習順序を守らないといけないのか」を先に説明します。
回りくどいですが、これは大事な考え方だからです。

Web 開発が初心者の人

勉強する上での注意点

いきなりレベルの高い技術に手を出して挫折してしまったり、
無知な初心者につけこんだ情報商材を購入するのだけは避けてください。
A → B → C の学習順序を守る

あるスキルを習得するためには前提知識が必要ということがあります。

仮にあなたが A の学習が終わったとします。
ここで次のステップである B を飛ばして C を学ぼうとすると、
C の学習が異常に難しいだけでなく、B の知識も中途半端になり非効率です。
危険パターン

他人に聞いた話や、自分が適当にググって出てきた情報で
とりあえず C が流行っているらしいから
といった理由でうかつに手を出すと高確率で苦労・挫折します。

月並な言葉ですが急がばまわれです。

Web 開発に慣れている人

技術トレンドは簡単に追えるが、その前提知識は無視されがち

Web 開発の初心者に対するネット記事は世にあふれていますが、
特に「中級者になってから何を学ぶべきか」の情報収集するのは大変です。
なぜなら専門性が高まって、体系化した記事を書ける人が少なくなるからです。
中級者であっても学習順序を間違えたら時間的損失が大きいです。
「最新技術を追ってみたけどわからないことが多すぎる…」
こんな経験をした方も多いのではないでしょうか。

WEB DEVELOPER ROADMAP を見る

こちらが結論です。

GitHub 上で公開されている
WEB DEVELOPER ROADMAP というロードマップを参考にします。

なぜ信用できるのか

  • 営利目的で公開されていないから
  • Star の数が 84000 以上 (2019年7月現在)

営利目的で公開されていないから

WEB DEVELOPER ROADMAP は GitHub 上でオープンソースで公開されています。

オープンソースとは、ざっくりいうと
「自分が考えたアイデアやソースコードなんだけど、どう思う?よかったら一緒に作らない?」
的な考え方です。

無料公開して皆の意見を取り入れることで
プロジェクトの品質を高め、より多くの人に使ってもらうことを目的にしています。

個人が営利目的のためにプログラミングやロードマップの商材を勧めてくるのとは次元が違います。
WEB DEVELOPER ROADMAP の参加者も、
コメントでフィードバックしている人も
現役の開発者 (しかも優秀) であり、その知見に基づいてロードマップが作られていることが大事なのです。

Star の数が 84000 以上

こちらで GitHub で評価されているプロジェクトを見れますが
WEB DEVELOPER ROADMAP は 84000 個以上のスターがついています。

開発者からこれだけの支持を集めているということは
このロードマップには妥当性があるという一つの指標になります。

初心者はどうやって見ればよいか

  • Introduction で Require になっているものは一旦後回しで大丈夫
  • Frontend と Backend は並行してよい
    • 最初は Frontend (HTML / CSS / Basic of JavasScript)
    • 次に Backend (Ruby / PHP / Python あたりがおすすめ)
  • ちゃんと上から順番に進めていく
  • 基本的に黄色だけをやれば OK

僕はこんな感じがいいかと思います。
Frontend と Backend を並行して進めるのは
両方ができないと一人で Web サイトを作れないからですね。

僕は手当たり次第に勉強していたので苦労しました

WEB DEVELOPER ROADMAP を勧めるのは
なにより僕自身がこの通りにやっていれば良かったと…
後悔にも思える感情があるからです。

今でも Qiitaはてなブックマークなどでトレンド技術を追って試すことはありますが、
その技術にいたる大事な基礎知識が抜け落ちていることがあります。。。
繰り返しになりますが、
基本がわかっていないのに応用技術をいきなり学ぶのは、近道に見えて遠回りです。
時間を浪費するだけではなく、予期せぬ間違いを起こすので危険です。

ここまで分かりやすく体系化されたロードマップは他にないので
エンジニアの道標として是非参考にしてみてください。

お仕事ください!

僕が代表を務める 株式会社 EeeeG では Web 制作・システム開発・マーケティング相談を行っています。
なにかお困りごとがあれば、Twitter DM や Web サイトからお気軽にご相談ください。

コメント

コメントを残す

*