【nohupと&!】zshでバックグラウンドコマンド実行する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは。タクマ™ [@suwaru_blog] です。

今回は zsh で Linux コマンドをバックグラウンド実行する方法を解説します。

zsh における nohup コマンドの使い方と &!

シェルは zsh で yarn start コマンドを叩いて Web サーバを立ち上げたいとします。
通常、バックグラウンドで実行したいと思うので、末尾に &! を付けます。

その際、nohup コマンドも一緒につけて処理が中断されないようにしましょう。
これを忘れると、サーバーログアウトしたときなどに HUP シグナルが送られて処理が中断されます。

# yarn start のバックグラウンド実行
nohup yarn start &!

nohup: 入力を無視し、出力を `nohup.out' に追記します

& と &! の違い

&! は zsh 特有の表現方法です。他のシェルだと & であることが多いです。

bash の場合

ちなみにシェルが bash なら nohup yarn start & となります。

関連記事

お仕事ください!

僕が代表を務める 株式会社 EeeeG では Web 制作・システム開発・マーケティング相談を行っています。
なにかお困りごとがあれば、Twitter DM や Web サイトからお気軽にご相談ください。

コメントを残す

*