【Route53】EC2のIPにドメイン設定する方法【使い方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは。タクマ™ [@suwaru_blog] です。

EC2 で Web サイトを作ったら、ドメインを付けて一般公開したいですね。
そのときドメイン周りの設定は Route53 を使うと簡単ですよ。

今回は AWS の Route53 で独自ドメインを設定する方法・手順を解説します!

EC2 インスタンスを使う場合、Elastic IP を IPv4 アドレスとして設定していますか?
固定的な IP アドレスがないと意味ないので、まだの方はこちらの記事をご覧ください。

レジストラでドメインを取得する

お名前.com ムームードメインのようなドメイン取得サイトを「レジストラ」いいます。
まず、レジストラから欲しいドメインを取得しておいてください!

今回は「お名前.com」で取得した eeeeg.tokyo というドメインで話を進めていきます。

Route 53 はレジストラでもありますが、支払いはドル計算になります。
今回は Route 53 でドメイン取得までしないことにします。

Route 53

EC2 で Elastic IP を取得して、インスタンスの IPv4 パブリック IP として設定済みの場合、
そのまま Route53 で DNS レコード (エントリ) の設定までやってしまうのが簡単です。

DNS レコードを設定する

Route53 にアクセスする

Route53 の「ホストゾーン」メニューから「ホストゾーンの作成」ボタンを押してください。

ホストゾーンの作成

取得したドメインを指定してください。

NS レコード と SOA レコードを確認する

既に NS レコードと SOA レコードが出来あがっています。

  • NS レコード
    • ドメインのネームサーバ
  • SOA レコード
    • DNS サーバの基本情報

確認したら「レコードセットの作成」ボタンを押してください。

A レコードと PTR レコードを作成する

  • A レコード
    • 名前解決するレコード
    • 【独自ドメイン (ホスト名) → IP アドレス】の正引き設定をしています
    • 名前 に www を入れると www スタートの URL になります
    • 値 に「IPアドレス」を入力してください
      • EC2 インスタンスの IPv4 アドレスのことです
  • PTR レコード
    • 名前解決するレコード
    • 【IPアドレス → 独自ドメイン (ホスト名) 】の逆引き設定をしています
    • 名前 に www を入れると www スタートの URL になります
    • 値 は「IPアドレス」を入力してください
      • EC2 インスタンスの IPv4 アドレスのことです

NS レコードの値をコピーしておく

これから NS レコードの 4 つの値をレジストラに登録するので、メモしておいてください。

レジストラ (お名前.com) で NS レコードの設定をする

お名前.com Navi にログインする

お名前.com Navi にログインして「ドメイン一覧」メニューを開いてください。
今回設定するドメインを選択します。

ネームサーバ情報を変更する

ネームサーバ情報という項目があるので「変更する」ボタンを押してください。

他のネームサーバーを利用

「他のネームサーバーを利用」タブを押して、
先ほどメモしておいた NS レコード 4 つの値を貼り付けて保存してください。

プライマリーネームサーバー・セカンダリネームサーバーに初期値があっても、上書きします。

これで 24 時間 〜 72 時間ほど経過すれば、ドメインでアクセスできるようになります!

コメント

コメントを残す

*